私がデリケートゾーン対策で実践していること

私は昔からおりものが多い体質で特に疲れている時や暑い夏などは下着がストッキングなどで蒸れてしまい、かぶれてしまったりするのが大きな悩みです。

下着などを替えられれば良いのですが外だとそうもいかないし、おりものシートを使っても頻繁にトイレに行って替えられる訳ではないので、結局蒸れて匂いの元にもなるので使いづらいです。

毎回洗えばマシになると思い、ボディーソープで洗っていたのですが逆に赤くなったりかゆくなってしまって困りました。

それで産婦人科に行くと病気ではなかったのですが、ボディーソープなどで洗うと膣の中の大事な常在菌まで流してしまうらしく「石鹸などで洗ってはダメ」と言われ、
お湯で洗って充分と言われたのですが、実際に洗わないと汚れや匂いが取れないのに、
他の解決策は特に教えてもらえなくて途方にくれてしまいました。

分からないなりに試したら少しは効果があったかなって方法もあります。

使い捨てのおりものシートは止めて代わりに布ナプキンを使う。

布ナプキンは使い捨ての物より蒸れづらいし、汚れればおりものシート同様に外したり替えることも出来るので前よりは匂いやかぶれが抑えられる様になりました。

後はお水をたくさん飲んで体の老廃物を溜め込まない様にしたり、食べ物も揚げ物系や甘い物など油分を含んだものを多く摂取すると翌日以降、体臭の元になるみたいなので野菜を多めに取ってみたり、体質改善に気をつけてます。

以上を実践したら、おりものは普通にありますが、匂いや量は大分気にならないレベルにはなりました。

でも匂いに関しては絶対に彼氏にはバレたくにないし、ベッドに入る時だけでも完璧に治したいなと考えていました。

色々調べていくうちにそういったアソコにおい対策に効果的なスキンケアがあるのを発見しましてすぐに試してみたのです。

これだとすごくいい香りがアソコから匂うので彼氏から「いい香りだね。」なんて言って夢中になってくれます。結構簡単に使えるので今すぐ匂いを何とかしたい人は本当に必見ですよ。

ムダ毛処理を頑張っていたときの話

ちょっと恥ずかしいことですが、デリケートゾーンに生えているアンダーヘアをキレイにしたくて、とくに毛深いわけではありませんが剃刀を使って除毛したり、毛抜きを使ってムダ毛を引き抜いたりしたことがありました。

とても人に見せられる格好ではないため誰もいない時に浴室で根気よくアンダーヘアを処理していたのですが、かなり身体を湾曲させながらのお手入れなので背中から首までかなり疲れました。

数分間で終わるお手入れならいいのですが、私のアンダーヘアの処理ではもう少し時間がかかっていたので、お手入れが終わるころには気分が悪くなることもありました。無理な体勢でのアンダーヘアのお手入れは辛かったです。

でもデリケートゾーンを少しでもスッキリさせたくて、小まめにお手入れすることを何年間も続けました。
デリケートゾーンに剃刀の刃を当てることは結構勇気が必要でしたが、毛抜きでアンダーヘアを引き抜く痛さに比べたらなんてことはなかったのかもしれません。

敏感なデリケートゾーンに生えているゴワゴワした毛を引き抜く痛さときたら涙が出る時もあったくらい痛かったです。
それでもやっぱりいつもきれいなデリケートゾーンでいたかったので涙を流しながらでも頑張りました。

最近はデリケートゾーンも脱毛できる家庭用の脱毛器を買ったので、光でピッと痛みが少ない脱毛処理ができています。
こんなに少ない痛みでアンダーヘアが脱毛できると知っていたらもっと早く利用したかったと思いながら使っています。

デリケートゾーンの黒ずみと脱毛に関する悩み

昔からデリケートゾーンにはコンプレックスがあります。
まず黒ずみ。
これは最初あまり気にしていなかったのですが、自分の身体のことを気にかけるようになり始めた頃に少し心配になりました。
下着の締め付けでしょうか、パンティラインに跡が残ってしまっています。
昔はなかったと思うのですが、最近は特に気になります。

けれど、こればかりはどうしようもないような気がするので、これ以上の悪化を防ぐために、
締め付けの緩い下着をなるべく選ぶようにしています。
あとは素材にも気をかけるようになりました。肌に優しい綿素材のものが好みです。

次に脱毛についての悩みです。
最近まで脱毛というものに身体の部位を選ばず、あまり関心がなかったもので、こちらも気になっていなかったのですが
、友人らの話を聞いていると、私もしたほうがいいのかと思うようになってきたのです。

そんな時に、しばらく付き合っていた彼氏に、デリケートゾーンの毛のことを指摘され、とても恥ずかしい思いをしたのです。
まさか、人に言われるほどひどいことはないと思っていたので、余計にショックでした。

けれど、脱毛サロンへ行っても、その箇所を見られることにはやはり抵抗があるため、
しばらくは自己処理の方法を調べて、頑張っていたのですが、調べるうちに自己処理の欠点も同時に知ることになったので、
結果的には最近サロンへ行ってみました。
思っていたほどに恥ずかしいことはなかったので、思い切って行ってみてよかったと思っています。

ニオイを消す方法に悩んだ日々

中学生ぐらいから、やっぱり思春期という波が手伝ってのことなのか、デリケートゾーンのニオイには非常に悩みました。
今のように、インターネットが一般家庭には普及していない時代でしたし、情報源がありません。

それに中学生が読むファッション雑誌などでは、「デリケートゾーンのニオイを消す方法」なる悩み相談など、掲載されてはいませんでしたからね。
もう、解決の方法としては、中学生のたいして知識のない頭をフル回転させるぐらいしかないのです。

そこでデリケートゾーンのニオイ対策としておこなった方法と言えば、オーソドックスかも知れませんが、香水をぶりかけるというものです。
汗などでニオイがきつくなるであろう、体育の時間の前などに、一人トイレの個室にこもって、デリケートゾーンに香水をふりかけていました。

しかしまあ、効果はまったくない上に、「体育の時間の前になるとトイレの個室にこもる女」を周囲があやしむのは時間の問題であったため、
私は周囲の私を見る目の異変を察知した時点でやめました。

そして、「体育の時間は男女別におこなうし、体育の時間中のニオイは気にならないよね」という結論で、
デリケートゾーンのニオイについての悩みは、自分のなかでねじ伏せました。

そして時は経過して、大学生時代になってからのことです。アホな中学生だった私も、
立派な分野を専攻するようになり、そしてニオイのもとがわかってきたのです。
それはやっぱり「食生活」なのですよね。

ですから、デリケートゾーンのニオイに悩んでいた10代の頃の私に言ってやれるのでしたら、
「肉を控えろ!野菜と乳酸菌をとれ!」ということでしょうか。
デリケートゾーンのニオイにピンポイントで解決されるとは限りませんが、身体のニオイはやはり食生活に左右されることが大きいのです。

女性のデリケートゾーンの悩みは尽きないです

私は都内で看護師をやっている20代半ばの女です。
仕事柄いろんな病気や患者さんをみてきて色々な悩みがあるんだなと感じています。

私の専門は産婦人科なので、それについての悩みが多いですね。
私自身もデリケートゾーンにとても悩みを持っています。

まずはアソコの臭いが気になります。
私はショーツが汚れるのが嫌なため、普段からパンティライナーを使用しています。
そのため通気性もあまりよくないのかもしれませんが少し臭います。

自分で感じているだけですので他人がどのように思っているかは分かりません。
そこも悩みです。相手がもしかしたら、臭いと感じているかもしれません。

そう思いますと気が気ではありませんがデリケートゾーンのことですし、
女性同士で例え、仲が良かったとしても話すことはできません。

やはり恥ずかしいからです。人に言えない点も悩みです。
相談できたり、教えてもらったりとかができません。

実は産婦人科で共に働く同僚や、先生にもなかなか相談できませんでした。
男性の医師というも恥ずかしいですし、同期の看護士さんがいる点でもためらってしまうのです。そのため自分で色々と改善するしか方法がありません。

まずはパンティライナーを小まめに取り替えることにしました。
特に汗をかく季節などはトイレに行くたびに替えるようにしました。

あとはデリケートソーンを清潔に保つようにしました。
入浴の際にしっかりと全部を洗います。

そこはデリケートゾーンですので強くではなく優しくしっかりと洗うことも心がけています。
薬などは病院で処方されたものでないと怖いと思ってしまうので自分でやれることはあんまりないです。

もうちょっとネットでもそういう情報を色々調べることができるといいのになと思います。
デリケートゾーンの悩みは本当につきることがありません。

いま気になるのがデリケートゾーンの臭いに関してのwebをよく見ています。ココキスとよばれるケア用品があるということなので試してみたいと思います。

また経過や結果なども報告できればなと思います。
また、様々なデリケートゾーンで悩む女性達の体験談なども綴っていければと思います。

キャッシング一体のクレジットカード